宮城県のお土産一覧

宮城県Top
特選食材 郷土料理 B級グルメ お土産 

お土産人気ランキング

萩の月

宮城県のお土産として他県民の方には一番有名なお菓子でしょう。
ほとんどの人は一度はもらって食べたことがあると思います。
ふわふわの生地を口に入れるとすぐに口の中に広がっていくカスタードクリームの風味が人気です。

☞ 萩の月をお取り寄せする

しおがま

その名のとおり塩竈市は、塩どころとして有名です。
その塩と米どころ宮城ならではのもち米を利用して作られたお菓子です。
もち米を蒸して干し粉末にし、シソの葉を入れ、砂糖・水あめ・塩とを加えた落雁のようなお菓子です。

☞ しおがまをお取り寄せする

支倉焼(はせくらやき)

宮城県のお土産として不動の人気の支倉焼は実はひとつひとつが手作りとのことです。
豊かなバターの香りが漂うクッキーで、クルミ入りの餡を包んだ逸品です。
支倉焼の「支倉」は、今から四百余年前、スペインとの通商交渉のために、伊達政宗の命により仙台領月ノ浦から船出した慶長遣欧使節・支倉常長からとられています。

☞ ふじや千舟 支倉焼をお取り寄せする

笹かまぼこ

「笹かま」の愛称で有名な仙台の笹かまぼこ。
ひらめなどの白身魚をすり身にして手で伸ばして焼き上げて保存食にしていたのが始まりと伝えられています。
笹の形に焼き上げられる、また、仙台伊達六十二万石の紋様の「竹に雀」から「笹かまぼこ」と名づけられました。
笹かまぼこのみに限らず宮城は練物の生産が盛んです。
かまぼこ製品は塩竈市が有名で水産練物の生産が日本一です。
「笹かま」と合わせて様々なかまぼこもご堪能下さい。

☞ 笹かまぼこ詰合せをお取り寄せする

☞ ふるさと納税で白謙笹かまぼこ詰合せをもらう

牛たんスモークスライス

宮城県仙台名物の牛タン。
牛タンもお土産として人気ですが、こちらは人気の牛タンをスモークした一品です。
人気の牛タン利休のものがブランドです。
お酒のつまみに最高です。

☞ 牛たんスモークスライスをお取り寄せする

仙台駄菓子

豆類・穀類を使用した素朴な味が仙台駄菓子の特徴です。
お菓子には、その一つ一つにいわれや、伝説があると言われています。
”駄菓子”とは言われていますが、世間一般に知られているような駄菓子とは違い和菓子に似たような印象を受けます。
種類も豊富で、「鬼ころし」「熊ねじり」「熊谷おこし」「豆糖」「豆ねじり」などがあげられます。

☞ 仙台駄菓子をお取り寄せする

ゆべし

米どころ宮城で良質のお米を使って作られるゆべし(柚餅子)は、昔から天皇へ献納されたりしていました。
地元の味噌・しょう油を使い、くるみやゴマなどを材料にして作られ、重量感あるしっかりとした味が特徴です。

☞ 仙台ゆべし詰合せをお取り寄せする

白松がモナカ

白松がモナカは宮城県民が100%知っている言っても過言ではないと言える一品です。
宮城県のお土産として有名なのでお土産としてプレゼントすれば宮城に行ったことは明白です。
心地よい甘味の餡とサクサクの生地の相性が絶品です。

☞ 白松がモナカをお取り寄せする

仙台長なす漬け

細長く独特のすんなりした長ナスが生産されるのは日本では仙台だけです。
この細くて皮が薄く身が引き締まった長ナスの特徴をそのまま漬け込んだ漬物です。

☞ 仙台長なす漬(伝統仕込み)をお取り寄せする

榮太楼の生どら焼き

榮太楼はもとは塩釜の和菓子屋で、本店もいまだに塩釜にあります。
したがって、仙台駅より塩釜駅の方が種類豊富のようです。
仙台市内ならスーパーでも売っているので、機会があったら買ってみて下さい。
生どら焼きは榮太桜が元祖です。

黒砂糖まんじゅう(玉澤総本店)

普通のまんじゅうよりも少し平べったい形の饅頭は誰にも受け入れられる味で今も昔も人気です。
ふかふかというよりも、しっとりとした食感でいくつでも食べられます。

霜ばしら(九重本舗玉澤)

冬季限定商品 10月~翌年4月。
全量手作りで、熟練した飴職人しか作れない逸品です。
口に含むと舌の上ですぐに雪のように溶けていきます。
落雁粉の中に、キラキラの薄い飴が入っていて、雪の中から霜ばしらを掘り出して食べるスタイルは唯一無二かもしれませんね。
こだわりのあるお土産を探している人にはオススメです。

”宮城県”
Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。