千葉県の特選食材一覧

千葉県Top
特選食材 郷土料理 B級グルメ お土産 

特選食材人気ランキング

鮑(アワビ)

房州の黒鮑は鮑の王様です。
刺身でよし、焼いてもおいしいです。
夏の旬の時期には肝をすり潰して肝醤油で食べてください。
肝の深みと黒鮑の磯の香りのマリアージュがたまりません。

☞ ふるさと納税で房州黒あわびをもらう

☞ ふるさと納税で房州産干あわびをもらう

金目鯛

伊豆とともに房総の金目鯛は脂の乗りがよく、全国トップレベルです。
金目鯛は近海物の方が脂の乗りがいい為、近海物が重宝されます。
もちろん千葉の金目鯛は近海物で脂の乗りも最高です。

☞ 金目鯛をお取り寄せする

房州の鯵は築地でも関鯵、淡路の鯵とともに一流の食材としてプロから支持されています。
身のしまり、脂の乗りともに最高です。
まずは獲れたてを刺身で食べて下さい。

伊勢海老

三重県伊勢、静岡県伊豆とともに房総の伊勢海老は全国のトップブランドです。
水揚げ量は全国一です。
外国産とは違う真っ赤な魚体は見た目も美しいです。
まずは刺身で、頭は味噌汁にしてすべて食べ尽くして下さい。

☞ ふるさと納税で特大伊勢えび 3本セットをもらう

☞ふるさと納税で房州産伊勢えび1kgセット(7〜10尾入)をもらう

☞ 千葉県産伊勢海老をお取り寄せする

蛤(ハマグリ)

九十九里のハマグリは姿も立派で見た目の美しさから外国産のものとは比べ物になりません。
しっかりと汁を蓄えたその身は滋味深く、いくつでも食べれます。
焼き蛤、お吸い物でどうぞ。

☞ 九十九里産はまぐり【特大】をお取り寄せする

落花生

八街の落花生の生産量は日本一です。
採れたての落花生を是非食べて下さい。
その味は今まで食べたものとは断然違います。
一度食べれば、旬の時期はきっとお取り寄せしたくなります。

☞ 千葉半立種さや煎り落花生をお取り寄せする

☞ 落花生千葉やちまた産おつまみをお取り寄せする

勝浦のカツオは昔から有名で春先の初鰹、秋の戻り鰹ともに評判です。
初鰹の赤身の旨み、戻り鰹の脂を蓄えた身、ともに房総の海の恵です。

☞ カツオのたたきをお取り寄せする

さざえ

房総で獲れるさざえは大きく、そしてやわらかいです。
そのまま刺身やつぼ焼きでどうぞ。

☞ ふるさと納税でさざえ約1.5kgをもらう

>☞ ふるさと納税で房州さざえ2kgをもらう

☞ ふるさと納税でジャンボサザエ お造りセットをもらう

あさり

春先は潮干狩りで賑わいます。
2月から5月ぐらいまでは実入りも良くお勧めです。
あまり火をとうさずに酒蒸しや味噌汁でどうぞ。

☞ 活きあさり1kg(砂抜き済み)をお取り寄せする

バカ貝(青柳)

一般的には青柳と呼ばれているバカ貝。
そのまま食べたり、サンガ焼きの中に加えたりと色々な味わいがあります。

ホンビノス貝

ここ数年で千葉県の特産品となりつつあるのがホンビノス貝です。
大きくて、実入りが良くて、味も良いということで大人気です。

☞ 活ホンビノス貝をお取り寄せする

うなぎ

利根川や印旛沼周辺では昔からうなぎを食べる習慣があり、今でもその近辺にはうなぎ屋が点在しています。
成田山参道にはうなぎ店が数多くありますのでうなぎを焼く匂いにつられて食べてみてもいいのではないでしょうか?

☞ 天然うなぎ 長白焼きをお取り寄せする

甘藷(さつまいも)

千葉はさつまいもの一大産地です。
品種は紅東が多いです。
北総地区はさつまいもの栽培に適した土地で、あたり一面のさつまいも畑には圧倒されます。
味も大変あまいさつまいもで全国的にも人気です。

☞ 紅はるか サツマイモをお取り寄せする

食用なばな

千葉県は食用なばなの全国一の生産量を誇ります。

海苔

千葉県は海苔の生産が盛んで、大変品質の良いものが数多く、チバものとして都内のすし屋などでは大変重宝されています。

☞ 一番摘み江戸前海苔(千葉県産のり)全形45枚入りをお取り寄せする

鯒(こち)

富津産の釣り物の鯒は見た目だけでなく、身のしまり、身の甘み、身の太り具合も最高で築地では最高の評価をされています。

☞ 活〆天然こちをお取り寄せする

野田醤油

野田は醤油の町で、有名なキッコーマンの醤油工場もここ野田にあります。

☞ キッコーマン 特選 丸大豆しょうゆをお取り寄せする

”千葉県”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。